巨乳な風俗嬢たちしかいない風俗店の正しい遊び方とは

無店舗型の性風俗特殊営業は、届出を行うことで開業することが出来ます。届出には事務所所在地や営業時間度の制約はありません。届出を行わないまま営業を行えば「地下営業」として摘発されますし、本番行為を店ぐるみで行えば、これも管理売春として摘発されます。

となれば、極力制約が少ないのですから、摘発される理由というのも、準じて少ないだろうと考えられます。しかしそれでも「摘発される」ということはります。性風俗特殊営業の店舗は、「店舗を設けてサービスを行ってはならない」という制約はあります。

例えば事務所の近くその同建物内にレンタルルームなどを作って、そこでサービスを行うということがこれにあたります。もちろんそのレンタルルームの事業主が別であったり、関連が明らかでないものに関しては「ラブホテル」と同じですから、摘発の対象とはなりません。

同じ事業主が経営しているレンタルルームでサービスを行えば、また関連が明解である場合にのみ、摘発対象となります。そうなるとお金の流れが若干違ったとしても、店舗型と変わらないことになりますよね。店舗型は現在申請を起こしても、ほぼ受理されることはありません。

そういう状況ですから、店舗型と同じような経営を行えば、当然咎められるということになります。また待機場所も届出が必要ですので、無届で待機場所を持っているのでれば、処分の対象となります。待機場所にしているわけではなかったのに、待機するのが常態化してしまった場所に関しても、店舗側が把握しているのであれば届け出なければなりません。

友達とは言え、同じところで働く女性たちがその友達宅で待機することが常態化していて、店がそれを知っているといった場合です。摘発に関してはこの程度のものが原因となりますが、営業所が円滑に営業を行うためには、「その場所が営業するにふさわしいか否か」も確認しておく必要があります。届出に「営業所の所在地」などに制約はありませんが、マンションなどには「管理組合」があります。

その規約の中で性風俗に限らず「営業所として利用してはならない」「住居のみに使用」といったものが盛り込まれている場合が見られます。もしそういったマンションで営業所を配置していれば、その規約のもとに退去を迫られる可能性はあります。

性風俗営業の営業所の所在地にすることに対してウェルカムなマンションやアパートというのは、そんなに多いわけではありません。なので「風俗の事務所があるビルは案外その業種が多い」ということになるのです。

巨乳な風俗嬢たちしかいない風俗店の正しい遊び方とは

無店舗型の性風俗特殊営業は、届出を行うことで開業することが出来ます。


Copyright© 2015年12月18日 巨乳好きメンズによる風俗事情監視サイト
http://www.c-trip-project.com All Rights Reserved.